転職と資格

転職と資格

もし転職する場合資格があったほうが良いのでしょうか。ここ数年は、新卒予定者を中心に若いうちからなんらかの資格をめざしているようです。将来の就職や転職に生かしたいと思っている人が増えています。かなり深刻な社会現象ともなっていますが、不景気などによる雇用の減少が日本ではすでに問題となっているのです。実際自分の希望する職業に就くことは、まさに至難の業です。新卒者にとっても、不況は就職に悪影響をもたらします。

 

国家試験のようなかなり高度な資格などが無ければ、今まで自分が専攻してきた分野へ就職することも難しくなってきています。最近高まっているのが、更に資格を持ち自分の実績にプラスαを転職に比較的有利と言われているキャリアを持った人でさえも持たせる傾向だそうです。特に自分に有利な条件での転社、転職を望む場合は、資格を併せ持つことで、より確実性が増してきます。とは言え就職難と言われている時代に自分の希望する仕事に就くことはとても難しい現実があります。

 

収入の面でも転職することはかなり不利になることがかなりあるので、大事なことは慎重に行うことです。資格があるからと言って、即転職できるのかと言えば、そういうわけでもありません。企業によっては転職希望者には資格よりもむしろ、キャリアと言った実績を望むケースが多いとも言われています。

 

転職や就職に資格を利用する

資格があることで、不況の時代でも転職が有利になるというのはよく聞くのではないでしょうか。実際、転職に有利な条件と有資格者ということはまた別の話。資格を持っていることで、転職できる会社の選択肢を増やすことができます。取れる資格は、ぜひ取っておいた方がいいのは、さまざまな手当てが資格を持っていることでつき、収入の面でも優遇されることがあるからです。不況の時代に合わせて企業は合理化を図り、経費削減のためリストラを行っています。

 

不況の際に資格を持っていることで、企業からリストラされにくいメリットがあります。企業の中には、安い人件費を求めて工場を海外へ移転するところも多くなってきています。これからはもっと就職や転職に関する状況はきびしくなっていくと予測することができます。特に新卒者の場合、キャリアがない分、自分の思い通りに就職活動を行うためにはかなりの努力が必要です。他のライバルに少しでも差をつけるためにさまざまな資格を積極的に取る傾向もあります。

 

合格することが難しい、いわゆる難易度の高い資格をできるだけ持つことが、新卒者のとって大事なことです。一度就職した後どうしても違う分野の仕事や会社に転職したい場合もあるでしょう。とりあえずその分野で行かせる資格を取り、できる限り転職に利用する方法もあります。

 

就職や転職に有利な資格

いったいどんな資格があれば就職や転職に有利になるのでしょうか。リストラなどで退職した人の場合、それなりのキャリアやよほど有力な資格がないと、転職はかなり困難なのが実際のところ。仕事自体を変える転職というより、同じような仕事内容で会社を変える転社を希望する場合があります。再就職する場合には、資格というよりも、今までのキャリアを生かして順調にいくことを目指しましょう。一方でキャリアにこだわり過ぎて、いつまでも新しい職場が見つからないというケースも実は少なくありません。

 

なかなか決まらない場合は思い切って何らかの資格を取りましょう。転職するときに、資格を活かして、今まで経験のなかった新しい分野にチャレンジすることです。実際今まで全く経験のなかった人が、転職を機に介護職で1からキャリアを積み直し合わせて資格をとることで、見事にスキルアップをしている人も大勢います。仕事をしながら将来に向けて資格を取る人も最近では増えています。特にある程度年を取っても働けるような資格はとても人気です。

 

有利に転職できるといわれている資格は、調理師や保育士、介護福祉士やヘルパーと言ったものです。資格の中には、専門の大学を出ることが条件になっているものもあり、若いうちから取ることが大切です。特に国家試験によって取る資格の場合は難易度が高く、就職だけではなく転職にも有利な事も多いので、できるだけ積極的に取っておいた方がいいでしょう。

PRサイト