40代の仕事探し

仕事探しの方法と就職活動

失われた20年は我々に大きな変化を与えました。平成不況の波は次から次へと襲いかかってきて失業率は高いまま、仕事探しも難しい状況が続いています。景気が悪ければ会社は新しい採用をストップしてしまうので、求人が少なくなるのはやむをえません。特に40代になると求人は「ぐっ」と減ってしまいます。

 

大抵の会社は、現時点で仕事がきつきつだったとしても、今後の売上げ向上が見込めなければ正社員を増やしたりせず、少ない人数で切りまわそうとします。新規の採用を控えている会社が多い状況の中では、仕事探しは容易ではありません。

 

40代に限らず、一般的に仕事探しというと、ハローワークや求人雑誌などを使ったり、インターネットの求人サイトを使う方法があります。どんなやり方で仕事を探すかで、手に入る情報の内容や、入りやすさがあります。外資系企業や、上場企業の求人情報が欲しいなら、ハローワークにはありません。ハローワークにあるのは、地域の中小企業の求人情報だからです。

 

つまり、誰でも名前を知っているような大企業への就職を希望するなら、ハローワーク以外の方法がおすすめです。有名どころや大企業への就職を希望するならは、インターネットの就職支援サイトなどを利用すると効率的に仕事探しができます。

 

フリーペーパーなどの求人雑誌の場合は、アルバイトやパートの情報が多く、飲食店や小売店などのサービス業の求人情報が多い傾向があります。どういった求人情報を探したいかを判断した上で、その情報が手に入りやすい情報媒体を利用することが仕事探しでは重要になります。

 

40代にかぎらず、インターネットはより多くの職業求人が有りますので現代の職探しの一つにインターネットを使わない手はありません。

PRサイト